転職で失敗する人

翻訳の仕事で転職するためには慎重な検索を

外国語をすぐに日本語に翻訳できるスキルは、立派な専門技能であって、それ単体だけでも有益な人材といった良い評価を得られます。
とはいえ、実際に翻訳スキルを活かせる仕事への転職となったら、インターネットでどのような単語で検索したらいいのかすら分かりにくい状況です。
純粋に翻訳の作業だけ行いたい場合は、無所属で仕事を引き受けるフリーランスの形態にする方が多く、これまでの実績を自分のサイトなどでアピールしつつも、派遣会社から短期の仕事をマッチングしてもらうスタイルが目立ちます。
当然ながら、フリーランスでは仕事量に応じた報酬しかもらえず、実際に生活していくには仕事がどんどん舞い込んでくる程でないと難しいのが現状です。
そして、サラリーマンとしての転職では、翻訳の求人を直接探すよりも、翻訳の求人に強い人材紹介会社に登録するケースが大部分になっています。
担当のコンサルタントに希望条件を告げておき、後はマッチングされた翻訳スキルを活かせる求人を確認してから、書類送付と面接に臨む流れです。
翻訳作業だけなら実績豊富なプロに外注すれば事足りてしまうので、わざわざ正社員として雇う場合ではスピードと付加価値を求められます。
たとえば、その業界の翻訳がスピーディーで、なおかつ、一般的な業務もスラスラこなせる人材であれば、求人に応募するだけでトントン拍子に話が進む可能性が高いです。
自分が転職活動によって実現したいことを明確にしておかないと、間違った単語の組み合わせで検索してしまって、せっかく転職できたのにこんなはずじゃなかったと後悔する羽目になりかねません。
また、比較的需要が高い外資系の企業や、海外とよくやり取りを行う旅行代理店といった業界にコネクションがある人材紹介会社に登録することも重要です。